遊びと仕事のグラデーション by Yu Endo

電子楽器づくりと時々キャンピングカー。遊びと仕事の間に生きる遠藤祐のブログ

【駒形どぜう】冬の どじょう は脂がのっており骨もやわらかい。どぜうは夏だけではもったいない

December 22, 2013
【駒形どぜう】冬の どじょう は脂がのっており骨もやわらかい。どぜうは夏だけではもったいない

どじょうといえば夏に食べるイメージですが、世は師走、クリスマスムードな中、駒形どぜう浅草本店に行ってきましたよ。

IMG_0615

 

 

お邪魔したのは夜。あいにくの雨ですが、この距離でどぜう鍋の香りが漂ってきます(^^)

 

mainimg_asakusa1

日中だとこんな雰囲気。素敵。駒形どぜうのサイトから拝借

 

いただきます!

ここに来たらやはり、どぜう鍋でしょう。

IMG_0616

座敷でいっぱいひっかけている間に、炭とどぜう鍋が運ばれてきます。

基本的には火は通った状態で運ばれてきますが、どぜう鍋は薬味が重要です。

IMG_0617

薬味ボックス!ネギが沢山です。いくらでもお代わりできます。

IMG_0618
だし汁

これら薬味をどぜう鍋に乗っけます。

IMG_0619
欲張って、豪快に乗せすぎてしまった図w

IMG_0622

いい感じにネギが煮えてきたら食べごろです。

IMG_0625

IMG_0624

薬味には七味と山椒もあります。

どぜう、ネギ、山椒などを小皿にとり・・・

IMG_0623

いただきます!

IMG_0631

旨い!どぜうにはやはり日本酒の熱燗が合います。

おかわりを頼むと、どぜうだけが、ラーメンの替え玉のように運ばれてきます。

IMG_0626

冬は、太いですね。

IMG_0635

また薬味たっぷりいれて、クタクタになるまでしばし待つ。

IMG_0633

お、子持ちでした!脂が乗っており、骨もやわらかー!
夏のドジョウも旨いですが、冬も熱燗と共に頂くと最高です。

IMG_0638

お新香を頼むと、口の中がさっぱりして、鍋が何杯でもいけます。

上記お新香盛り合わせですが、しょうがばかりを食べたかったので、お願いしたらしょうがだけでも出してくれましたよ!

また、食べにきます。

 

基本情報

駒形どぜう浅草本店
東京都台東区駒形1-7-12

営業時間

11時〜21時(ラストオーダー)
年中無休(大晦日と元日は休業)

お席

【1F】入れ込み座敷
【2F】大広間・小部屋(掘こたつ式テーブル有)
【3F】小部屋(掘こたつ式テーブル)
【BF】椅子席

メニュー

IMG_0621

アクセス

東武スカイツリーライン 浅草駅 正面改札口より徒歩10分
東京メトロ銀座線 浅草駅 2出口より徒歩5分
都営地下鉄浅草線 浅草駅 A1出口より徒歩2分
都営地下鉄大江戸線 蔵前駅 A6出口より徒歩5分

About The Author

株式会社ソニックウェアファウンダー / 代表取締役CEOYu Endo
SONICWARE inc. Founder & CEO / I love to make new sound devices.
三度の飯より楽器づくり

Leave A Reply

*

Comment On Facebook