遊びと仕事のグラデーション by Yu Endo

電子楽器づくり大好き!遊びと仕事の間に生きる遠藤祐のブログ

【部屋中プラレール】<動画あり>自動ポイントレールを使って分岐分岐分岐 の巻

【部屋中プラレール】<動画あり>自動ポイントレールを使って分岐分岐分岐 の巻

部屋中プラレールですが、レールも大分集まってきました。
ベーシックなレールセットを購入すると大抵入っているのが、分岐に使える下のようなターンアウトレールやポイントレールです。

turnout

黄色い部分をスライドさせることによって、電車の進行方向をスイッチできます。

3台くらい走らせている時に、これをスイッチして思い通りの分岐をすることも楽しいのですが、今回は自動化に取り組みます。

購入したもの

IMG_8941

プラレールは嵩張るのでamazonの段ボールもでかい。

自動分岐の基礎 自動ターンアウトレール

IMG_8946IMG_8947

これは2分岐を自動で毎回スイッチしてくれるレールです。

動力車両にだけ付いている突起に引っ掛かってスイッチするみたいです。電池不要です。

自動ポイントレール

IMG_8942IMG_8943

これは、自動で3分岐してくれるレールです。

自動か手動かを切り替えることができます。手動にしたらレールに付いているハンドルでスイッチすることができます。これも楽しい。

坂曲線レール

IMG_8952

カーブしながら1フロア分、上り下りできます。

IMG_8960

カーブしながらの上昇とかは、見た目もかっこいいですよね。

IMG_8961

上りと下りでペアになっています。

けど実はこれ後ほど登場しますミニ橋脚と普通のカーブレールで代用できるそうです。

ミニ橋脚

IMG_8948IMG_8949

4つ分で通常の橋脚と同じ高さになります。

これを使えば普通の直線レールやカーブレールを使って少しづつ角度を付けることで坂にすることが出来ます。

Unbox!!

IMG_8963

分岐の自動化がどんな塩梅になるのか楽しみです。

まずは基本の2分岐から

坂曲線レールと自動ターンアウトレールを使って基本的なレイアウトを作ってみました。

IMG_8988
上からの写真

IMG_8989

坂曲線を使った立体化も面白いですね。スピード感が普通の坂レールとは違ってあるように感じます。

 

自動ポイントレールを使って応用編

例のごとく「きかんしゃトーマス どきどきマウンテンセット」と「ニュー坂レール」、「橋脚」も駆使し、それに坂曲線レール、自動ターンアウトレール、自動ポイントレール、ミニ橋脚の合わせ技で、大き目のレイアウトを作りました。

IMG_9007
全景

IMG_9018

4フロア分のレールが入り組んでいると面白いですねー。

IMG_9003

3分岐があると、レイアウトのし甲斐があります。

IMG_9004

3分岐のあとに、先に作った2分岐のレイアウトも融合させました。

IMG_9005

トーマスのドキドキマウンテンには2フロア分を一気に下る坂があるので、必ずアグレッシブなジェットコースター状態に一部分がなってしまいますw

反対側から撮影
IMG_9010

レイアウトの分岐をひとつずつ追いかけた動画です。

総評

分岐を自動化できると、見ていてかなり楽しいです。

また、手動で分岐していると、どうしても端の方に走らない部分ができてしまったりしていましたが、自動で分岐していると隅々まで電車が入って行ってくれるので無駄がなく、「一生懸命作っても電車が来ない」ってことがないので、報われますw

IMG_9015
ちなみに、子鉄もちゃんと手伝っておりましたよ。

IMG_8974

About The Author

株式会社ソニックウェアファウンダー / 代表取締役CEOYu Endo
SONICWARE inc. Founder & CEO / I can't help making instruments!! 三度の飯より楽器づくり!

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

コメントはまだありません。

  1. […] Uターンレールは、以前紹介した自動ポイントレールをMANUAL設定で使っています。 […]

Leave A Reply

*

Comment On Facebook