遊びと仕事のグラデーション by Yu Endo

電子楽器づくりと時々キャンピングカー。遊びと仕事の間に生きる遠藤祐のブログ

【再燃】キャンピングカー欲しい熱に、してやられてます

March 23, 2014
【再燃】キャンピングカー欲しい熱に、してやられてます

 

私は旅行が大好きです。

しかし、猫たちと暮らしていると、家族全員で旅行に行きたくてもなかなか気軽に行けません。

また、世話を誰かに頼んで行ったとしても結局ペットが心配になり心の底から旅行を楽しめなかったりもします。

私は、これらの問題を解決する切り札がキャンピングカーだと思っています。

 

4年前に渡部 竜生さんの本「キャンピングカーって本当にいいもんだよ」を読んで、このソリューションに出会いました。

犬ならばよく車に乗っているところを見かけますし、ペットも泊まれるホテルに犬と一緒に旅行に行かれる方も多くいると思います。

犬は飼い主と一緒ならばストレスがないと思うのですが、猫は場所を変えることがストレスになるので、なかなか猫連れでホテルに泊まるというのは難しいです。

ところが、それが毎度同じ場所、つまりキャンピングカーなら、家の離れのような感覚で猫は母屋ではないけれど慣れてくれるのではないかと思いました。

実際、著者の渡部さんは猫と一緒にキャンピングカーで出かけているそうです。

だから、ペットが多くて家族旅行に行きたくてもなかなか行けない&行ったとしてもペットが心配になって心の底から楽しめないという人はキャンピングカーがソリューションになるかもしれません。

 

欲しいキャンピングカー

今年はもう終わってしまいましたが、ジャパン キャンピングカーショーが毎年幕張メッセで開催されていて、そこには、バスのように大きいものから軽トラックを改造したような小さなキャンピングカーまで一通り見ることができます。

私が欲しいのはキャブコンとよばれている↓こんなのか

107_exterior_img_01[1]
http://www.camp-rv.com/car/car_ex.php?car_id=107から拝借

 

バンコンとよばれている↓こんなの

245_fivestarhiking
http://www.camp-rv.com/car/car_ex.php?car_id=245から拝借

いずれにせよ、猫がくつろげる常設ベッドとカセットトイレがあれば、最低条件は満たせると思っています。

お風呂は日帰り温泉が日本にはいたるところにあるので、ほぼ困らないと思いますし、食事は行った先々で美味しい食堂に入ったりBBQすれば良いでしょう。

エアコンに関しては、あれば便利でしょうが、AC電源が取れるキャンプ場のサイトなど、場所が限られます。

どこでもエアコンを使用するためには、発電機を動かさなければなりませんが、相当うるさいので、実際は使える場所が限られてくるそうです。

ただ、夏は高原に行けば夜は寒いくらいですので、クーラーは停泊地を選べばいらないと思います。

ヒーターは電気を使わずに燃料を使って温めてくれるFFヒーターと呼ばれるものがついていることが多いので、冬場は場所を選ばずに静かにぬくぬくになれると思います。

 

キャブコンかバンコンか

今の車を手放して購入するとして、普段の街乗りの機動性を考えると、バンコンになると思います。

ただ、やはりキャブコンの方が容積的なメリットは大きく、運転席の上に常設ベッドがあるので、猫がくつろげる場所が車内に多くなります。

普段使いをとるか、旅をとるか・・・。

 

 

っと、現実は購入する予算をどのように組むのかに悩む必要があるのですが、一旦、現実逃避して楽しい悩みを堪能しますw

About The Author

株式会社ソニックウェアファウンダー / 代表取締役CEOYu Endo
SONICWARE inc. Founder & CEO / I love to make new sound devices.
三度の飯より楽器づくり

Leave A Reply

*

Comment On Facebook