遊びと仕事のグラデーション by Yu Endo

電子楽器づくりと時々キャンピングカー。遊びと仕事の間に生きる遠藤祐のブログ

創っていく過程をライブで楽しむ共創のオンラインサロン

August 6, 2017

今作っているミニシンセ「Elizabeth」は、音の実験がスタートラインに立った状態で、アイデアをどんどんプログラミングしていってる真っ最中です。

これらの音は、BlogやSNS上で早々に公開していこうと考えてます。

というのも、いくつか理由があって

  1. ものづくりの過程を公開することは、ある種のエンタメとして価値があるのではと思ってる
    こっちで理由を書いてます
  2. 多様な意見を聞くことで、多様な音づくりへのインスピレーションに繋がる
  3. 関係者を増やすことは、ユーザーを増やすことにも繋がる
    →作るだけ作って、それを多くの人に届けられなければ、それは作り出せていないと同義だと思ってる

ただ、ここで上記2番の「多様な意見」というのが結構くせ者だとも思う。

あまりに多数の意見だと、平均的なぼんやりとしたものが出来てしまう可能性が高い。
また、どんな意見も考えるきっかけには良いと思うが、考えを深めるためには通りすがり的ではなく、それなりの考えを深める場が必要になってくると思う。

開発自体はオープンに情報公開して進めつつも、考えを深めていったり大事なことを決める際に指針とするのは、ある程度クローズドな空間(例えば、Facebook上でオンラインサロン的なコミュニティを作るとか)が良いかもしれない。

Elizabethプロジェクト自体がある種、余白を楽しむ実験の連続なので、そういうのが好きな人には価値あるコミュニティになるのではないかなぁ、と。

製品のリリース後も、このコミュニティでの音の実験は続き、それはファームウェアのアップデートという形で提供し続けていけば、プロダクトも成長するし、コミュニティの継続したエンタメとしても面白いのではないかと思う。

ただ、音づくりがスタートしたばかりの今はまだ、コミュニティを運営する段階に至っていないと思うので、「音づくり→発信」というプロセスに慣れてきてからコミュニティ作ってみます。
その時は、興味のある方はぜひコミュニティにも遊びに来てくださいね(^^)/

About The Author

株式会社ソニックウェアファウンダー / 代表取締役CEOYu Endo
SONICWARE inc. Founder & CEO / I love to make new sound devices.
三度の飯より楽器づくり

Leave A Reply

*

Comment On Facebook